読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クソログ

愛は、誰を救えるのだろうか?孤独という、あの深淵から……

頭の良い人

スポンサーリンク

実は人間の知能はある程度モジュール化されていることが分かっています。

アメリカの認知心理学者で教育学の大家でもあるハワード・ガードナーは多重知能という概念を打ち出しました。
知能は様々なモジュールが組み合わされてできていて、それぞれがお互いに影響しあっているという理論です。
ガードナーは人間に固有の8つの知能と1つの候補を上げています。

1. 言語的知能:言葉への感受性。目標を達成する際に言語を用いる能力
2.論理数学的知能:問題を論理的に分析したり、数学的に処理する能力
3.音楽的知能:音楽的パターンを取り扱う能力
4.身体運動的知能:問題解決のために身体を使う能力
5.空間的知能:広い空間のパターンを認識して操作する能力
6.博物的知能:世界を分類して理解する能力
7.対人的知能:他人の意図や欲求を理解する能力
8.内省的知能:自分自身を理解し、自分の生活を効果的に統御する能力
9.実存的知能:宗教的・神秘的体験を位置づける能力→暫定的に提案されたもの

一般的に世間で頭が良いとされるのは言語的知能や論理数学的知能でこれらの能力が高い人は知識集約型が多い日本企業において重宝されますが、それ以外にも人間には様々な能力があります。
重要なのは自分がどの能力に優れているかを見極めること。
そしてその優れた部分に全リソースを注ぐことです。

僕が頭が良いと思う人は「解決」と「創造」の力が高い人です。

突き詰めていくと頭の良さとはこの2つに収斂されるのではないでしょうか。

どちらも生きていく上で必要な能力であり、この2つの能力のうちのどちらか、あるいは両方が優れていればまず生きていくのに困りません。
コミュニケーション能力も論理的思考能力も「解決」という目的のために必要とされているに過ぎません。

学歴が無くても社会的、経済的に成功している人もいますが、この2つの能力が高いからです。

一方で高学歴であっても、実社会においてこの2つの能力に乏しいと苦労することになります。

解決の能力を高めたければ読書をすることです。
読書は言語能力を養ってくれます。
ほとんどのルールやコミュニケーションは言語によって成り立っています。
言語を運用する能力が高ければ解決の能力が飛躍的に高まるのです。