クソログ

愛は、誰を救えるのだろうか?孤独という、あの深淵から……

ウォナ禁を続けるべき理由

覚醒剤を始めとする薬物が、なぜ絶対に使ってはならないとされているか。薬物が効くということは、すなわち、脳の中に、それに似た作用をする物質がもともとあるということになる。

薬物が快楽をもたらしたり、興奮させたりするのは、脳にはもともと、それに似た脳内物質があるからである。

 

しかし、これらの脳内物質の作用は極めて強烈なので、脳は、これらの物質を制御している。

つまり面倒で、たいへんな、手続きを経ないと、それらの物質が放出されないようになっているのである。

例えば、学んだり、仕事をしたり、コミュニケーションをしたりといった、生きる上で意味がある活動をすると、脳内物質が出て、これらの活動の回路が強化される。これは、生きる上で意味があることである。

ところが、薬物をつかうと、それらの面倒な手続きを経ることなく、いきなり脳内物質に似た作用が生じる。

いわば、回路がショートしているようなもの。

このため、薬物を使用して、たとえ快楽や興奮が得られたとしても、その結果、強化されるのは、単に、薬物をつかうという行動の回路だけ、ということになる。これでは、生きる上でなんの役に立たないどころか、むしろ邪魔になってしまう。

薬物を絶対使ってはいけない理由。それは、脳がショートして単純になってしまうからである。

快楽や興奮は、学んだり、仕事をしたり、コミュニケーションをしたりといった、ちゃんとした「手続き」を経て得るべきなのだ。そうすれば、生きる上で役に立つ回路が強化される。

 

薬物以外にも、簡単かつ強烈な快楽が得られる行為がある。それがなんなのか、あなたならもうお気づきだろう。

ウォナ猿は薬物依存と同じだ。